賠償請求できる「損害」とは?

~どのような損害について、いくら請求できる?~

損害には、積極損害(事故に遭ったことにより支出を余儀なくされた損害)、消極損害(事故がなければ得られたであろう利益を失った損害)、慰謝料(事故による精神的苦痛)があります。

1積極損害

積極損害には以下のものがあります。

治療関係費

治療費、入院費は必要かつ相当な実費が損害として認められます。

入院雑費

入院雑費とは、入院中の日用雑貨費等、入院することによって生じた諸々の費用です。
入院雑費は一定の基準によって認められます。

入退院・通院の交通費

実費相当額が損害とされますが、タクシー利用については必要性、相当性が認められる必要があります。

付添看護費

職業付添人については必要かつ相当な実費、近親者付添看護の場合は基準に従って認められます。

装具・器具購入費等

事故により必要となったものの実費が認められます。

その他

文書料、家屋改造費等、弁護士費用等があります。

2消極損害

休業損害 詳しくはこちら

休業損害とは、被害者が事故による受傷により休業し又は十分な稼働ができなかったために失った収入をいいます。
休業により現実に喪失した額がわかる場合にはその額が認められ、それが判明しない場合には事故前の収入に休業期間を乗じて算出します。

後遺障害による逸失利益 詳しくはこちら

後遺障害による逸失利益とは、後遺障害が残存したために失った、被害者が将来にわたって得られるはずであった利益のことをいいます。
被害者の年収に労働能力喪失率(後遺障害の部位や程度に応じて、労働能力にどの程度影響するかを数値化したもの)とライプニッツ係数という特殊な係数を乗じて算出されます。

3慰謝料

入通院慰謝料 詳しくはこちら

入通院慰謝料とは、事故で怪我をして、入院、通院治療を受けたことによる慰謝料です。
入通院期間により一定の基準に従い算出されることとなります。

後遺障害慰謝料 詳しくはこちら

事故による怪我の治療が終了しても後遺障害が残ってしまった場合には、そのことによる慰謝料が認められます。
後遺障害の部位や程度により一定の基準に従い認められることになります。

4物的損害

自転車の修理費や、壊れた所持品、破れた衣服等の時価額が物的損害として認められることになります。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付