自転車事故と「逸失利益」

自転車事故と「逸失利益」

自転車事故における逸失利益とは、自転車事故がなければ被害者が得たと考えられる、経済的な利益(給料や事業所得など)のことをいいます。
自転車事故により被害者に後遺障害が認められる場合には「後遺障害逸失利益」、被害者が死亡した場合には「死亡逸失利益」が認められます。

1後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益は以下の計算式により算出されます。

基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間のライプニッツ係数

⑴ 基礎収入

ア 給与所得者
事故の前年の収入を基礎収入とするのが原則であり、源泉徴収票や給与明細によって立証することになります。

イ 事業所得者
前年の収入として申告所得を基準としますが、申告所得と実収入が異なる場合や、家族も事業を手伝うことで事業所得を得ている場合など、個別の事情を考慮しながら算定することになります。

ウ 家事従事者
家事従事者(主婦及び主夫)については、賃金センサスによる平均賃金により算定することになります。

⑵ 労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、後遺障害によって労働能力をどの程度喪失したかを表すもので、労働省労働基準局通牒別表労働能力喪失率表に当てはめて評価されます。 ただし、被害者の職業、年齢、後遺障害の部位、程度から、異なる喪失率が認めれることがあります。

障害等級 労働能力喪失率 障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100 第8級 45/100
第2級 100/100 第9級 35/100
第3級 100/100 第10級 27/100
第4級 92/100 第11級 20/100
第5級 79/100 第12級 14/100
第6級 67/100 第13級 9/100
第7級 56/100 第14級 5/100

⑶ 労働能力喪失期間

労働能力喪失期間は、症状固定日から67歳までとされます。
ただし、いわゆるむちうち損傷の場合には後遺障害等級12級の場合5年から10年、後遺障害等級14級の場合2年から5年とされています。
また、高齢者については67歳までの年数と、平均余命の2分の1のいずれか長い方とすることを原則としています。
ライプニッツ係数とは、将来得られるはずの収入を症状固定時に得るものとするため、中間の利息を控除するための係数です。
つまり、将来得られるはずの収入を、今すぐ得てしまうと、その間の利息分だけ得をしてしまうため、これを控除するためのものがライプニッツ係数です。
後遺障害逸失利益の計算では、労働能力喪失期間に対応したライプニッツ係数を用いることになります。

2死亡逸失利益

死亡逸失利益は以下の計算式により算定されます。

基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能期間のライプニッツ係数

⑴ 基礎収入

死亡逸失利益の基礎収入につきましては、後遺障害逸失利益とほぼ同様の考え方をすることになります。

⑵ 生活費控除率

被害者が死亡した場合、存命であれば必要であった生活費の支出を免れることから、逸失利益の算定にあたり生活費を控除します。
一家の支柱及び女性については30%~40%、その他は50%とします。
一家の支柱とは、被害者の世帯が主として被害者の収入によって支えられている場合をいい、遺族の生活保障の観点から生活費控除率を低くしていると説明されます。
また、女性の生活費控除率が低いのは、女性の平均給与が男性より低いためとされており(そのように述べた裁判例もあります)、被害者である女性が高収入であったり、基礎収入として賃金センサスの男女をあわせた平均賃金を採用する場合には、生活費控除率は45%程度となります。

⑶ 就労可能年数

就労可能年数は死亡から67歳までとされます。
ただし、年金の逸失利益については、年金は死亡時まで支払われるものであるため、平均余命で算定されることになります。
死亡逸失利益の計算では、就労可能年数に対応したライプニッツ係数を用いることになります。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付