自転車事故と「過失相殺」

過失割合でお悩みの方

1過失割合とは

過失割合とは、事故の発生について、どちらの当事者に、どれだけの責任があるかを割合で示したものです。
そして、被害者に過失があるということは、その分だけ賠償額が減らされてしまうということを意味します。
例えば、加害者と被害者の過失割合が50%対50%であれば、被害者は単純計算で損害額の2分の1しか賠償を受けられないことになってしまいます。

2当事務所にお任せください

保険会社から示された賠償案を見て、被害者側の過失割合が余りに大きく、損害賠償金が大幅に減額されていることに驚かれる方は少なくありません。
保険会社の主張する過失割合に納得がいかない方は、示談をしてしまう前に当事務所にご相談ください。。

事故状況の調査

過失割合が争いとなっている場合には、まずは事故状況、事故現場について徹底的に資料を収集する必要があります。
当事者間で事故状況に争いがある場合はもちろんですが、事故状況に争いがない場合にも、そうした資料から被害者側に有利な事情が明らかとなることが多々あります。

当事務所でも、刑事記録や、車両の損傷部位、防犯カメラ映像等、事故状況に関する資料を徹底的に集め、事故状況を的確に把握するようにしております。

過失割合についての主張

自転車事故における損害賠償の実務では、自転車対歩行者の事故であれば、「別冊判例タイムズ38」を基準にして過失割合が決定されることになります。
また、自転車対自転車の事故であれば、「自転車同士の事故の過失相殺基準(第一次試案)」(赤本 下巻)の基準は大きな説得力を持つといえます。
これらの基準に当てはまらないような事故状況であった場合や、この基準をそのまま適用したのでは結果の妥当性を欠くような場合には、類似の事案の裁判例等を参考に具体的な主張を行っていくことになります。
当事務所では、自転車事故の裁判例を分析し(自転車事故の裁判例のページをご覧下さい)、裁判所が重視するポイントについて研究を怠らないようにしておりますので、安心してご依頼ください。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付